Dogstar Led headlight Sirius-1

​ドッグスター LEDヘッドライト シリウス-1

​LED選びにはもう迷わない!

これぞ最強のヘッドライト

The reason why we select

~ 我々が選んだ理由 ~

溢れるLedヘッドライトの数々。使えるも使えないもユーザーにはわかりゃしない。オマケに誇大広告。データも鵜呑みにはできない。

「使えるLedはどれ〜?」と言う悩みから我々のLedヘッドライト選びがスタートしました。

▶ ハロゲンを遥かに凌ぎ、HIDに迫る明るさ
▶ ︎車検に適合する光軸とカットライン
▶ 市販品最高レベルの耐久性

みなさんが求めるバルブはこういうバルブですよね? そしてこれこそが、我々がSirius-1を選んだ理由です。

(実績として各地の車検場で合格しておりますが、車検適合を保証するものではございません。
ご使用のレンズなどによって光軸、カットラインの特性が変わります。)

【保証期間】購入日より1年

​特長

実用最高峰チップ Cree XHP50を4チップ搭載(H4)

特許取得の冷却方式。
高熱伝導特殊ペースト&大容量カッパープレート

高効率冷却方式に裏付けされた1年保証

実測値3000lmの実力。理想的配光。

Sirius-1

他の市販テストモデル

左側建物の明るさを比較してください。右側対向車へは光が飛ばず、光軸部の明るさと左側歩道側への照射範囲がロービームでは大切になります。

​実際の明るさは画像では分かり難いですが、弊社でのテストでは他の市販品を圧倒的に上回っております。

H4 スペック

チップ         : 4pcs-Cree XHP50 

ハイビーム :3000 lumen/ pcs

ロービーム :2000 lumen/ pcs

​色温度         :5000K ,6500K

電圧             :DC12V

パワー         :35W

冷却方式     :特許取得特殊ペースト                             &高熱伝導ヒートパイプ​

マテリアル  :航空アルミ

​品質保証      :購入日より1年

*5000kは旧車に似合う自然光

   6500kは眩い白色光になっています

H7 スペック

チップ  : 2pcs-Cree XHP50 
LM      :4000 lumen/ pcs

​色温度     :6500K
電圧         :DC12V

パワー        :35W

冷却方式 :特許取得特殊ペースト 
       &高熱伝導ヒートパイプ
マテリアル:航空アルミ
​品質保証 :購入日より1年

H9 / H11 スペック

チップ  : 2pcs-Cree XHP50 
LM      :4000 lumen/ pcs

​色温度     :6500K
電圧         :DC12V

パワー        :35W

冷却方式 :特許取得特殊ペースト 
          高熱伝導ヒートパイプ
マテリアル:航空アルミ
​品質保証 :
購入日より1年

取り付けについて

​→

1. バルブをロックしているバネを外し、既存のH4バルブを取り外します。

2. Sirius-1の口金部を先に外します。反時計回りに回すと簡単に外れます。

3. 外した口金をヘッドライト本体に取り付けます。

4. 向きを合わせ、バルブを時計回りに回転し取り付けて完了です。向きは簡単に合わせられるよう大きさの異なる突起が2箇所ついています。確認して取り付けてください。

最後に配線を接続し、別体のドライブコントローラーと共にヘッドライトケースに収めてください。
収めにくい場合は、配線を整理したり寄せたりすればスムーズに収まると思います。

●「難しいLED選び」

激安モデルにはそれなりの理由があります。まず素材とチップに気をつけてください。

Cree、Philipsならまず一安心。但し本物に限ります。Creeもひと昔前のチップは効率が半分以下です。現時点ではXHP50もしくはXHP70が最高峰です。

H4

H7

H9
​H11

あとは表記lm数は規定のW数で発揮される物なのですが、

そのスペック上のワット数に達しないものも多いです。

例えばXHP70搭載モデルがXHP50搭載モデルより暗いなんてことはよくあります。

カタログには「XHP70搭載、6000lm !」と書いていても、実際は熱問題が解決できず高い入力ができないために実力が発揮できないということがよくあります。とんどのモデルがカタログスペックは理論値で実測ではありません。

販売社に「何アンペア入力できますか?」と質問してください。

おそらくほとんど返答できないと思います。

国内で売られてる高性能モデルのメーカーは必ず答えてくれます。

そのアンペア数に12Vを掛けた値が表記スペックのW数に近いほど、

そのバルブは信頼できます。

下の写真の通り、2.8Aの入力。実際には13V程度の電圧がかかっていますので、スペック通りのパワー35W以上発揮していることがわかります。

(W=V x A)

実際にスペック通りの能力を持つバルブも使えないモデルがあります。

確かに明るい。但しスポットビーム。これでは使えません。

●「Ledバルブ配光の注意点」

ロービーム カットライン
要は対向車が眩しくなく、左(歩道側)まで広く照らす。ココが大事です。テストに出ます(笑)。

光軸   一番明るい点がどこか?

こういった基本を押さえた上で明るいヘッドライトなら夜間のライディングが安全で疲れ難くなります。

●「我々のヘッドライトテスト」

終わりのないテスト。最初の一つであるSirius-1を決めるまでに市場にあるほとんどのバルブをテストしました。自分達も使うバルブですから、これで当然。

ライダーのみなさまにも安心してお求めいただけると思います。

●色の比較

明るさは全て同等です。色の好みでお選びください。

●商品一覧

COPYRIGHT©DOG STAR TRADING co,LTD ALL RIGHTS RESERVED.

KAWASAKI /LEDヘッドライト バイク/ガソリンコック/バイクグローブ/Golan/Goldtop/DELTRAN/バイク用品