Eggrider

E-Bike先進国では普及しているコンピューターディスプレイ。日本ではマニアか情報通の方は使ってますね。これマジでいいですよ。

通常は

RoadとOffroad という区分けなのですが、自分はECOとSPORTという表示に変えました。要は2種類のモード設定ができ、それぞれ最高速やパワーマップ書き換えが出来るんです。

はっきり言って凄まじく速くなりました(笑)。念のため、公道では24km/hが法律上のアシスト制限です。Mate Xも出荷時はこれに合わせた設定になっています。自分はECOは遵法公道用。SPORTは非公道用としています。

テストもう少し重ねて我々的に合格ならドッグスターが代理店になって日本での販売を担います。ユーザーの皆さんも補償やサポートの面で楽になるかなと思います。しばしお待ちを。

代理店といえばMate Xのタイヤ、探すと大変ですね。チューブもタイヤも全然流通してない。生産も遅れていると輸入代理店の担当の方がおっしゃっていました。

それにしても自転車メーカーの方もタイヤとかバッテリーとか消耗品の供給体制どう考えているんでしょうね?自分は自転車業界外なので知りませんが、本体売るならそこまで体制作ってから輸入しろと言いたいなあ。

とは言えそこで諦めたらドッグスターらしく無いですね(笑)。今までの輸入業務によって作り上げたネットワークを活用し、本国からVeeタイヤ入荷します。代理店さん用意できないのですから並行輸入も仕方ないですね。流通落ち着くまでと思っています。徐々にページ作成し販売していきますのでお楽しみに。他のパーツも同様に販売していきます。

Eggrider(商品ページ)はこちらから

Mate X チューニングはこちら

マニュアルも販売しております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です