Mate X カスタム 続報

たくさんのみなさんが参考にしていただいているようで、励みになります。

Mate買う方って自分もそうでしたが、結局はスタイルと、E-bike乗ったことがない故のアシストの衝撃ですよね。ただ乗り続けていくとコンポーネントのプアさから不満が出てくるのも確か。スタイルいいのは間違いないしそこを気に入ったわけですから、納得いくようにカスタムしましょ!

自分が感じた最初のネガはサス。オートバイに乗っていることもあり、ここは非常に気になりますよね。とにかくあのバネのサスはダメです。すぐ底付きするし調整が全くできない。フロントはプリロード調整できるようになってますが気休め程度です。

リア、フロント共にエアサスに変えましょう。まずこれだけで底付きが減り、好みの硬さに調整できるようになります。厳密にはサグ出しをして色々セッティングしないといけませんが、普段の通常コース乗ってフルストロークギリギリしない程度の硬さにエア入れてやるとちょうどいいと思います。その後に減衰調整ですがこれは柔らかめがオススメ。

リアショックはかなり上等なやつですが、エアショックなら他メーカーでもノーマルよりはいいですよ。165mmがいいと思います。フロントはなかなかこれというのがありません。とりあえずHimaloのエアショックを改良して使ってますがノーマルよりは段違いに良くなってます。

次に手を入れたいのはブレーキですね。重い上に少しいじって速くなると、ノーマルでは不安で仕方ありません。止まるのかよ?とか、フルード漏れないかコレ?とか。

自分はMagra推しですがシマノでもいいと思います。ノーマルに比べると異次元なくらい効きますし制動が安定しています。自分はフロントは4ポッドでディスクはワンサイズアップの180mmです。リアは2ポッドにノーマルサイズの160mmディスク。今のところ不満はありません。制動力はブレーキだけでなくサスの性能も大いに関係します。

この2点がマストなんですが、実はそれよりも前にペダル、シート、タイヤを変えています。クランクとフロントのチェーンリングも変えています。次回はこの辺をご説明します。

“Mate X カスタム 続報” への10件の返信

  1. フロントサスですが『Himaloのエアショックを改良して使ってます』と記載ありますが、改良とは素人でもできる範囲の改良でしょうか?
    また、METE Xにボルトオンで取付できる他メーカーのフロントサスはご存じないでしょうか?

    1. 散々探したのですが、ポン付け出来るのはチャイナ系だけですね。優秀なサスは大幅な改造が必要です。

      改造はある程度機械がいじれて工具があるなら特に難しいものではないです。目安としては自転車バラバラにして組める程度の技量有れば。

      1. 返信ありがとうございます。
        ポン付けで良いものは無いんですね・・・
        私もHimaloを買って取付に挑戦してみようと思います。

  2. 先日フロントサスに関してコメントさせて頂いた者ですが、同じフロントサスを購入したと思うのですが、若干取り付けるとステム部分の軽が違うのかガタツキが出ました。
    dog star様が取り付けたフロントサスも同じような感じでしょうか?
    また、同じようなガタツキが出ているのであれば、それにどの様に対処しているのか教えて頂けると助かります。
    この説明で理解していただけるかわかりませんが、もし分かるようであればご教授お願いいたします。

      1. 若干ガタツキ残ってますが良くなりました。ありがとうございます。

  3. はじめまして。コメント失礼します。
    dogstarさんのブログを拝見し、matexのカスタムに挑戦しています。
    少しずつ自分仕様のスタイルができあがりつつあり、とてもワクワクしています。
    貴重な情報を提供いただきありがとうございます。

    質問ですが、現在フロントフォークのカスタムに挑戦しています。
    himaloのフォークを購入し、自転車店に持ち込み取り付けをお願いしたのですが、
    パイプの肉厚さが足りず取り付けられないとのことでした。
    自分でも挑戦してみようと思うのですが、dogstarさんの方でカスタムした際はフロントフォーク本体のほかにパーツなど取り付けられたのでしょうか?
    もしよろしければご教示いただけますと幸いです。
    よろしくお願いします。

    1. ヘッドパイプですかね?ちょっとわからないのですが、取り付けは普通にできました。ヘッドセットのベアリングは変えています。

  4. ご返信ありがとうございます。ベアリングもカスタムされてるんですね。参考にさせていただきます。
    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です